クレジットカードの種類について

最近は、色々な金融会社がクレジットカードを発行するようになって、数え切れないほどの種類があります。クレジットカードの普及率はたいへん高く、一人当たり複数枚所持するのは当たり前となっています。しかし、一人で数枚のクレジットカードを持っていながらも、実質上は1枚か2枚くらいしか使っていないような人もいます。ただ所有しているだけではなく、目的に応じて適切に使用することで、クレジットカードは非常にお得になります。クレジットカードには2種類あります。年会費が0円のカードと、毎年いくらかの年会費がいるカードです。1年に1度、年会費を支払わなければ鳴らないカードは、ポイントが入りやすかったり、割引サービスや付帯サービスが多いことがあります。空港ラウンジが使えたり、旅行保険がついていたりといった、普通のクレジットカードより一段階上のサービスを受けることができます。特に、ポイントバックの還元率が高いクレジットカードは、利用金額が高ければそれだけお得となります。普通に買い物をしていると、自然とクレジットカードの利用額が高くなっているという人は、年会費があっても差し引きでお得でしょう。光熱費や通信費、保険など毎月必ず必要となる固定費の支払や、買い物全般の決済に利用するだけでも、大きなポイントバックになる可能性があります。カードごとに付帯サービスや割引の条件は違いますので、適切な使い方をすることで年間に何万円という金額が得になることかもあります。ポイントの貯まる割合がそれほど高くないけれども、年会費がかからないというクレジットカードは、普段カードをあまり使わない人に向いています。